カートをみる マイページログイン(新規会員登録) ショッピングガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

1.羽毛の種類

良い羽毛布団をお選びいただくために。。。

一口に羽毛布団と言っても、実際の売り場にもネットショップでもいろいろ並んでますよね。
何を基準に選んだらよいのか迷ってしまう方も多いと思います。
羽毛布団の選び方の大きなポイントは次の2つです。


羽毛布団を選ぶポイント1 「ダウンとフェザー」
ダウンとフェザー

時々、ホームセンターなどの店頭で「このお布団安い!」と近づき表示を良く見てみると
“羽根”ふとん」だったりすることがあります。
当店で扱っているのは「“羽毛”ふとん」。

この違いお気づきでしょうか?
羽毛と羽根。ダウンとフェザー。

羽毛はダウンと呼ばれ、水鳥の肌着にあたるものです。
鳥には、ニワトリや七面鳥のような「陸鳥」と 鵞鳥(ガチョウ)や鴨などの「水鳥」とがありますが、
陸鳥にはダウンがありません。(ご存知でしたか? 私はこの仕事をするまで知りませんでした…)

ダウンは綿毛のようにふかふかと軽いのが特長です。
水鳥が水や寒さに耐えられるのは、このダウンがしっかりと空気を抱え込んでいるからなんですね。

  ふかふかのグースダウン

でも、一羽からわずかしか取れないのです。(羽毛製品の値段が高いのはこの希少性のせいもあります。)

フェザーは、ダウンの外側を覆っている水鳥の上着にあたり、真ん中に羽軸が通っているものです。
弾力性があり、保温性はあまり高くはありませんが通気性が良いため、
主に枕や夏用の肌ふとん、敷き布団などに使われます。

ダウンが50%以上のものを「羽毛ふとん」、フェザーが50%以上のものを「羽根ふとん」と呼んでいます。

羽毛布団に使われる「羽毛(ダウン)と羽根(フェザー)の違い」


羽毛布団には水鳥の胸毛であるダウンと、
尾や翼の大きな羽根を取り除いたスモールフェザーなどが使われます。

ちなみに、
水鳥のフェザーが立体的でかさ高があるのに比べ、
陸鳥のフェザーは平面的で保温性、弾力性が無いため布団には適していません。


羽毛布団を選ぶポイント2 「グースとダック」
グースとダック

羽毛布団にはダウンと小さなフェザーが使われますが、
現在は主にガンカモ科の家畜である鵞鳥(グース/Goose)家鴨(ダック/Duck)の毛を使用します。

ふとん用原料としての羽毛の品質は、総体的にはダックよりもグースの方が優れているとされています。

その理由は・・・
1. 鳥自体の体型がグースの方が大きいため、それに比例してダウンボールが大きくかさ高に富んでいる。
2. グースの方が羽枝、小羽枝が細くて柔らかく、ドレープ性に富んでいる。
3. ダックの小羽枝は折れやすい構造をしているので、グースの方がかさ高が出やすい。

ダックはもともと食用として飼育されていて、耐久性の弱い未成熟なダウンが多いのですが、グースは羽毛を採取するために飼育されているので飼育日数が長く、成長したダウンボールが採れます。

ただし、すべてのグース羽毛がダックより優れているとは言い切れません。
何故ならば、グースダウンを使用しているお布団でも、ダウンが未熟だったりフェザーの混合率が多く作られているものや、かさ高性が低いものよりは、ダックの成熟したダウンを多く使用しているもの、かさ高性の高いものの方が質が良い場合があるからです。

羽毛の品質は、水鳥の種類のほか産地・生育環境などによってもかなり違ってきます。


羽毛の原産国

布団に使用される主な羽毛の産地は、
ヨーロッパではハンガリー・ポーランドなどの東ヨーロッパ諸国とフランスで、アジアでは現在世界最大の生産地となった中国ほか、台湾など。その他、北米やカナダでも採取されます。

ポーランド産・カナダ産の鳥はアジア産に比べて大きいのでダウンのひとつひとつが大きく、かさ高も大きくなります。

一般に寒い国で育った水鳥から採取する羽毛の方が密度が高く冬の寒さに耐えるためのダウンボールが大きいので良質とされています。天候など、水鳥の生育環境にも左右されます。

自然環境の中で大切に育てられる水鳥
豊かな自然環境の中で大切に育てられる水鳥から採取される
良質な羽毛は自然の恵み。



高級羽毛布団 ポーランド産ホワイトグースダウン
羽毛布団 ポーランド産ホワイトグースダウン93% 【送料無料】
73,440円(税込)〜

高級羽毛布団 ロシア産ホワイトグースダウン
羽毛布団 ロシア産ホワイトグースダウン93% 【送料無料】
64,800円(税込)〜






>>羽毛布団について 〔 ⇒1.羽毛の種類  ⇒2.羽毛布団の品質  ⇒3.羽毛布団のキルティング
  
>>羽毛布団の取扱い方Q&A  >>羽毛布団ができるまで

2.羽毛布団の品質

羽毛ふとんにはさまざまな種類・特性がありますが、一般の方がその品質を見極めるのは、大変難しいことです。
品質保証のラベルをご参考に、良質で安心して使える羽毛布団をお選びください。

羽毛布団の品質保証ラベル

羽毛布団の品質を保証するゴールドラベル・ダウンパワーラベル

日本羽毛製品協同組合の品質基準(組成混合率、かさ高性、洗浄度など)に合格した優れた羽毛原料と優良な側生地を使用し、適正な縫製で仕上げられた良質な日本製の羽毛布団に付けられます。
「プレミアムゴールドラベル」「ロイヤルゴールドラベル」「エクセルラベル」「ニューゴールドラベル」の4ランクの品質グレードに分けられています。

羽毛布団の品質を保証するゴールドラベル
羽毛布団の品質を保証するダウンパワーラベル

GFマーク◆信頼のマーク「GFマーク」

全日本寝具寝装品協会(JBA)の厳しいチェックを受け、布団の名称・素材・取扱い方法、明確な品質表示など、きびしい品質基準をクリアした商品だけに許可されるマークです。
国内洗浄羽毛使用◆WASHED IN JAPAN 国内洗浄羽毛使用

日本国内にて厳しい品質管理の下で、洗浄・選別された羽毛を使用していますので、安心してご愛用頂けます。
ファインプロテクト◆ファイン・プロテクト加工

国内洗浄した羽毛をさらに加工処理し、清潔にふっくらと仕上げます。
・高熱の蒸気をかけて処理することにより、微細なゴミやホコリ、ファイバー(切れた羽毛や羽根)をきれいに取り除きます。
・羽毛についている細菌(バクテリア)を高温乾燥で殺菌。臭いの原因を抑え発生を防ぎます。(抗菌・防臭)
ピュアオゾン加工◆ピュアオゾン加工

当店の羽毛ふとんに使用している羽毛は、オゾンをいっぱい含んだ新鮮な羽毛です。
地球にやさしいオゾン(О3)を用い、羽毛中の微生物を殺菌し、悪臭のおもな原因である硫化水素を分解するオゾン加工が施されているため、「抗菌・防カビ・防ダニ」にたいへん優れています。


当店の羽毛布団はすべて、厳しい基準をクリアした良質な羽毛ふとんです。

一日の疲れをとり、安らぎの時を優しく包むものだから

何より清潔がいちばん。

最新鋭の羽毛加工処理で、

水鳥が育てた大切な羽毛に磨きをかけ、

そのパワーを最大限に引き出した羽毛を使用しています。

高級羽毛布団 ポーランド産ホワイトグースダウン
ポーランド羽毛
ホワイトグースダウン93%
羽毛掛け布団 【送料無料】

73,440円(税込)〜

高級羽毛布団 ロシア産ホワイトグースダウン
ロシア羽毛
ホワイトグースダウン93%
羽毛掛け布団 【送料無料】

64,800円(税込)〜






>>羽毛布団について⇒1.羽毛の種類  ⇒2.羽毛布団の品質  ⇒3.羽毛布団のキルティング
  
>>羽毛布団の取扱い方Q&A  >>羽毛布団ができるまで

3.羽毛布団のキルティング

中綿の羽毛が片寄らないように仕上げたものが羽毛布団のキルティングです。

布団の上下の側生地をそのまま縫い合わせたものを、「平キルト」といい、
間にマチを付けて高さを持たせたものを「立体キルト」といいます。

従来の「平キルト」ではキルトのミシン目から羽毛が飛び出しやすく、縫い合わせ付近の羽毛が移動し、全体に片寄りにやすいため、最近では羽毛が移動しにくい「立体キルト」が一般的になってきました。

立体キルトにも何種類かあります。


現在当店で扱っている羽毛布団のキルティング
1層式の「立体キルト(ノンスライドキルト)」 と、2層式の「ビーネストキルト」です。

生活環境、使用される方の体質などに応じて どちらかお好みのものをお選びいただけます。


<1層式タイプ>−レギュラータイプ−

◆1層立体キルト(ノンスライドキルト -片寄り・逆流防止-)◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

羽毛の中綿が中心の行く程、嵩だかになり、保温性・フィット性を高め身体全体を優しく包み込んで
体温を逃がしません。

ノンスライド弁により、羽毛の隣のマスへの移動を最小限に抑えました。(マス数 3×5 マチ部分の高さ サイド約5cm、中央約8cm)

1層式立体キルト


★暖かいお部屋でおやすみの方、
★軽いお布団をお好みの方・・・にオススメです。

高級羽毛布団 ポーランド産ホワイトグースダウン
羽毛布団 ポーランド産ホワイトグースダウン93% 【送料無料】
73,440円(税込)〜

高級羽毛布団 ロシア産ホワイトグースダウン
羽毛布団 ロシア産ホワイトグースダウン93% 【送料無料】
64,800円(税込)〜



<2層式タイプ> −寒冷地仕様タイプ−

◆2層式キルト(ビーネストキルト)◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キルト数は通常の2倍強、マス数も多いため密度が高く、空気の含み量が多く、
上部と下部の二層構造で身体全体を優しく包み込んで保温し体温を逃がしません。

上部と下部のキルトをずらすことにより、羽毛を均等に分配し、保温性、フィット性を高めました。

保温性・フィット性において普通の羽毛布団に比べ数倍の効果があります。
真冬でも1枚で使用できる保温性です!
(マス数 上層3×4、下層4×5 マチ部分の高さ 上下4cmずつ 計8cm)

※上層と下層の仕切りのために中布(ナイロンタフタ)が入ります。

寒冷地仕様 2層式キルト


★寒冷地にお住まいの方、
★フィット感のあるお布団をお望みの方・・・にオススメです。

高級羽毛布団 ポーランド産ホワイトグースダウン
羽毛布団 ポーランド産ホワイトグースダウン93% 寒冷地仕様【送料無料】
81,000円(税込)〜

高級羽毛布団 ロシア産ホワイトグースダウン
羽毛布団 ロシア産ホワイトグースダウン93% 寒冷地仕様【送料無料】
73,440円(税込)〜






>>羽毛布団について⇒1.羽毛の種類  ⇒2.羽毛布団の品質  ⇒3.羽毛布団のキルティング 〕
  
>>羽毛布団の取扱い方Q&A  >>羽毛布団ができるまで

羽毛布団の取扱い方 Q&A

羽毛布団の取り扱い方について、お客様よりよくお問い合わせをいただく事柄をまとめてみました。
ご購入、お手入れの参考になさって下さい。



1. 毛布を使用する場合は?

冬場、羽毛布団だけでは寒いという時は、ふとんの「上」に毛布を掛けると中に掛けるよりも保温性がアップします。
(羽毛の間に溜まっている暖かい空気にふたをする感じになります。また、中に掛けた場合よりも体との隙間も少なくなります。)
ただし、重い毛布ですと羽毛が押されて折角のかさ高が減ってしまい、暖かい空気の層が少なくなってしまうので、なるべく軽い毛布を掛けて下さい。


2. 時々干すと良い効果が生まれる!

羽毛布団は吸湿、発散性に優れているので頻繁に干す必要はありませんが、
月に2〜3回(午前10時〜午後2時頃の間で1〜2時間)ほど干すとよいでしょう。

良い効果とは…
 (A)湿気を取る
 (B)保温性を高める
 (C)殺菌効果が出る
 (D)嵩だか・弾力性を高める

ただし、側地の痛みや色あせを防ぐためにカバーや布を掛けて干すようにしましょう。


3. 羽毛が吹き出してくる

羽毛は小さな穴からでも出てきます。且つ、羽枝の生え方に方向性があるため、出たらなかなか元に戻りません。
羽毛の吹き出しを最小限に抑えるため、羽毛布団の側生地は高密度に製織された上に、さらにダウンプルーフ加工を施しています。ある程度の通気性が必要なため吹き出しを完全に防止することは出来ませんが、大量の吹き出しでない限りは使用上の支障はありません。
(ふとんを四つ折りにし、羽毛の吹き出しが7〜8本程度でしたら問題はありません。)
万が一、タバコの焼け焦げや、カギ裂きで小さな穴が開いた場合は、製品に添付されている補修布によって応急処置が出来ます。

もし側生地から飛び出かかっている羽毛を見つけたら?
無理に戻そうとすると生地の穴が大きくなってしまいますので、押し込まないでそっと抜いてください。

羽毛布団に穴が開いてしまったときは… 付属の補修布で接着出来ます!


4. 買ったばかりなのに臭いがする

購入したばかりの羽毛布団は、ビニールケースなどの通気性の無いものに入れて保管されていた場合羽毛の臭いがする事があります。
また、側地の特殊加工による薬品が残っている場合もありますが、使用中に自然に消えてしまいますので問題はありません。
もし気になる場合は、ふとんを折りたたんで中の臭気を追い出し、新しい空気と入れ替えて、3〜4時間天日干しをして下さい。
(効果のない場合には購入店に相談してください。)


5. 羽毛布団はダニが発生するの?

羽毛布団の側地には羽毛の吹き出しを抑えるために高密度に製織された生地にダウンプルーフ加工を施してあるため、繊維の目が小さく、ダニの通過はほとんどありません。
中綿の羽毛も100℃前後で高熱殺菌処理をしており、ダニは全て死滅しているためダニの発生はありえません。
しかし、使用しているうちに生地の表面にダニがつくことがありますので、時々日干しするようにしましょう。

ダニの発生を防ぐには、部屋を乾燥させてこまめに掃除をし清潔にするなど、部屋全体の管理が必要です。

ふとんに関しては
日干しを行ってから直接ふとんに掃除機を掛けてダニを吸い取ること、
シーツやカバーの交換・洗濯をこまめに行うことがいちばんです。
(防ダニ加工を施された布団カバーも販売しています。)

すぐに洗えるようにと襟元にタオルを付ける方もいらっしゃいますが、
その場合も羽毛ふとん本体には安全ピンや縫い針の穴を絶対に開けないで下さい。(羽毛吹き出しの原因になります。)カバーの裏側に縫い付けて一緒に洗うようにするとよいかもしれませんね。


6. 布団カバーは必要?

毎日使うお布団ですが、お洗濯はなかなかできません。前項にもありますが、布団の表面につくダニや雑菌の繁殖を防ぐためにも布団カバーは必要です。皮脂や汗などで汚れると布団生地の傷みも早く、羽毛の吹き出し原因になり羽毛布団の寿命も短くなります。カバーをまめに交換・お洗濯して、いつも清潔なお布団でおやすみください。

当店おすすめの 羽毛布団カバー


7. クリーニングについて

羽毛布団のクリーニングには水洗い・ドライクリーニングなどの方法がありますが、
度重なるクリーニングは羽毛の油脂分が必要以上に除去されてしまい機能の低下を招いてしまいます。
水洗いの場合には羽毛に対してはほとんど影響がありませんが、側生地が縮んだりして通気性が大きくなりすぎ、羽毛が吹き出す原因になりやすいです。(ご家庭での水洗いは、乾燥が十分でないとカビや臭いの原因になったり羽毛が傷む事があります。また、洗濯機の故障の原因ともなるので、お勧めしません。)
ですので、なるべくクリーニングの回数を減らすためにカバーを交換したり、日光消毒をするようにして下さい。
やむを得ずクリーニングをする場合はお近くの信頼できるふとん専門のクリーニング業者に相談してください。

※悪質な点検商法にお気をつけ下さい!
 (寝具メーカー・協会では直接消費者に対しての電話セールス・訪問販売等は一切行っていません。)

 もしもの時の対処法など、ご参考までに・・・

⇒ 日本羽毛製品協同組合 (旧 日本羽毛寝具製造業協同組合、日本羽毛協会 :2008/4月合併)




>>羽毛布団について  >>羽毛布団の取扱い方Q&A  >>羽毛布団ができるまで




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

他にもご質問ご意見等ございましたら、メール・問い合わせフォームよりお気軽にお問合せください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

羽毛布団ができるまで。

原毛輸入から布団になるまで、より良い羽毛布団を作るためにより良い羽毛原料にこだわります。

羽毛布団ができるまで

当店の羽毛布団は、工場での『検針・検品』後、そのまま専用ケースに入れて直接ご家庭へお届け!
安心してお使い頂けます。




>>羽毛布団について  >>羽毛布団の取扱い方Q&A  >>羽毛布団ができるまで